テック大家さんとは

2023年10月13日コラム

サイトのコンセプト

本サイト、「TECH LANDLORD テック大家さん」では、「不動産投資xテクノロジー+DIYで固定費削減」をテーマに、さまざまなIT技術を賃貸運営に利用するノウハウをブログ記事として公開しています。

不動産投資や賃貸運営というと、昔ながらのやり方があるものと思われるでしょう。不動産管理会社に丸投げ、業者に丸投げ。しかしそれによる、よくわからない「なんとか管理費」みたいなのが、ほんとに多い。例えば、入居者にインターネットを提供しようと思うと、ケーブルTVが会社が月額いくらの会費を求める。セキュリティカメラを導入しようとすると、業者が月額で手数料を求める。こうした固定費は不動産経営を圧迫します。

献身大家さんとしては、便利で安心・安全な住まいを入居者に提供したいです。もちろん、お金をかければなんでもできます。しかし、それでは収益(キャッシュフロー)が悪くなりやってけない。わかり切った話です。

一方、インターネットやスマホなどが普及し、世の中はどんどん便利になります。それだけではなく、そういったテクノロジーを導入する敷居は、技術的にも、金銭的にも、驚くほど下がっています。

一例をあげます。WiFiやBluetoothといった無線技術を利用できるコンピュータ(IoT向けの開発ボード)は、かつてなら信じられないほど低価格になりました。技術の利用に関しても、ほんの少し技術的なバックグランドがあれば、ネットの情報を利用することで手軽になんでも作れます。それを不動産管理に利用できます。それほど、技術の敷居が下がっているのです。

そのような、安価で高度だけどそこそこ簡単に利用できる技術。これをDIYで大家さん自ら利用して、自分の物件に合わせてカスタムする。そうやって不動産経営に利用してみましょう、というわけです。現代は、驚くほど便利な価値を、驚くほど安価に賃貸の入居者に提供できる時代。これを大家さんとしても使っていこうではありませんか。

書いてる人

このサイトを運営している私「テック大家」は、工学系の大学院を卒業してずっとテクノロジー企業(メーカー)でソフトウェア開発をやってきました。その傍ら、サラリーマン大家さんとして不動産投資に参入。気がつくと夫婦で20年近くも不動産投資をやっていることになります。現在、所有物件は一棟ものの1K向けのアパートが大半ですが、東京・神奈川に4棟所有しています。

サラリーマンとしての仕事では直接使わないような技術も、自身の不動産のための調査し、実際に導入したり運営したりしています。そもそもが「学び好き」。それが講じて、サラリーマンをしながら通信で海外MBAをとった経験もあります。

そんな学び好きが不動産投資を通して学んだノウハウを、いや、時には完全に技術的興味のある内容を、このサイトを通じて皆さんにお伝えできれば、と思っています。どうぞ、よろしくお願いいたします。

2024年2月から、不動産投資サイトの楽待にて、楽待新聞コラムニスト「テック大家さん」として執筆活動を開始しました。

このサイトの方向性を考えた記事も書いています。よろしければこちらも合わせてご覧ください。

ご質問・ご相談、なんでも受け付けております。気になったことはお気軽に以下のフォームよりお願い致します。

プロフィール

テック大家さん
ソフトエンジニア兼不動産オーナー。
某超有名日本メーカーにおいてソフトウエア開発畑を30年近く勤務。
かつてはWindowsのアプリ開発や、組み込み機器のソフト開発を行う。プロジェクトマネジメント・オフショア開発・要件管理などの経験あり。現在は、個人開発で、JavaScript/TypeScript/React/Express、PHP/Laravel、Firebase、Google cloud、Arduino(C++)などでプログラミングを楽しむ。
サラリーマンの傍ら不動産経営を始め、現在、1棟モノの賃貸4物件を東京・神奈川に所有。夫婦でおよそ20年の賃貸経営の実績。
最近の物件では、入居者向けフリーWiFiなど、テック系の設備はDIYで自ら構築。
海外MBA取得。